【ANA】台風で飛行機が欠航!払い戻し方法は?いつ戻ってくる?実際に手続きをしてみた。

2018年9月にSFC修行でシンガポール&バンコクにいってきたのですが、ちょうど台風21号が直撃するタイミングだったため、飛行機が飛ぶかずっとヒヤヒヤしながらの修行となりました。

結果的にメインとなる国際線については無事に飛ぶことができましたが、関空が水没した9月4日の3日後の9月7日に予定していた『沖縄(那覇)ー大阪(関西』のフライトが欠航になってしまいました。

今回は欠航に伴い、実際に払い戻しの手続きを行なったので払い戻しの方法と払い戻しの時期について書いていきたいと思います。

予約していたフライトの詳細

搭乗日:2018年9月7日(金)

区間:沖縄(那覇)ー大阪(関西)

クラス:普通席

運賃:特割3B

運賃額:¥29,400-

支払方法:ANA SKYコイン¥26,000-

クレジットカード¥3,400-

実は那覇から東京に帰るか大阪に行くか直前まで決まっていなかったため、ギリギリになって8月31日に予約したものでした。

そのため運賃は特割3Bでかなり高い運賃になってしまっています。しかもANA SKYコインが少し足りずクレジットカードとの併用になっています。

ANAから欠航のお知らせメールが、、、

f:id:yanyan030728:20180917235629p:plain

バンコク滞在中でしたがニュースで関空の状況は知っていたのでおそらく欠航になるだろうと予想はしていましたが、ANAからメールがきたのは9月6日の15時頃でした。これで正式に欠航が確定しました。

実際に払い戻しの手続きをしてみる

・ANAウェブサイト(PCサイト)

マイページの予約一覧で払い戻しとなる予約の<詳細>を選択

f:id:yanyan030728:20180918000634p:plain

詳細を確認して<上記すべてを払い戻し>を選択

f:id:yanyan030728:20180918000845p:plain

クレジットカード情報を入力(クレカ支払がない場合は必要ないかも)

f:id:yanyan030728:20180918001002p:plain

あとは内容を最終確認して<解約する>を選択するだけです。

f:id:yanyan030728:20180918002152p:plain

払い戻しの時期は?

9月18日の0時すぎに払い戻し手続きを行いましたが、ANA SKYコイン支払い分についてはすぐに口座に戻っていました。一瞬です。

f:id:yanyan030728:20180918002514p:plain

クレジットカードでの支払い分についてはクレジッドカードの口座への払い戻しとなるようですが、払い戻し手続きをした日とクレカの締め日のタイミングによって返金日が異なるようです。

悪天候などが理由の払い戻しのポイント

払い戻しに際して取消手数料・払戻手数料はかからない

通常払い戻しの際、航空券・料金券1枚(1区間)につき430円の払い戻し手数料がかかりますが、悪天候などが理由の払い戻しの場合は手数料は無料になります。

予約便出発から10日以内に払い戻しの手続きを済まよう

予約便出発予定日から30日以内は払い戻し手続きが可能ですが、予約便出発予定日翌日から11日以降の手続きはANA国内線予約・案内センターでの手続きとなるため出来るだけ早く手続きは済ませましょう。

詳細はANAのサイトをご確認ください。

悪天候などが理由の払い戻し | ご予約/旅の計画 | 国内線航空券予約・空席照会 | ANA

まとめ

今回は台風で欠航になった飛行機の払い戻しについてまとめてみました。

飛行機が遅延や欠航になるとスケジュールを大幅に変更しなければいけなくなるので悲しいですが、自然が相手だとどうしようもないですね。

搭乗日に台風が直撃する可能性がある場合にはANAのホームページや気象情報をこまめにチェックして常に最新情報を得るようにしましょう。

また状況によっては無理せずに予定を変更する勇気も大切です。いざというときのための代替案を早めに準備しておくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です