お土産情報

定番タイ土産のLobo『チキンライスセット』でカオマンガイを作って実食!

タイに行くと絶対に一度は食べるのがカオマンガイ。日本でもタイ料理を食べに行くとランチでよく頼みます。

今回はSFC修行でタイに行ったときに買ってきたチキンライスの素を使って自宅でカオマンガイを作ってみました。

今回使うカオマンガイの素はこれ

今回買ってきたのはLoboというメーカーの『Chicken Rice Set』です。結構どこにでも売っているので見かけたことがるある方も多いのではないでしょうか。

ちなみにカオマンガイだけでなくタイカレーやガパオといった有名なタイ料理からお味噌汁までさまざまな商品があるので色々試してみたいですね。

袋の中身はこんな感じ

袋を開けると銀色の小袋が3つ入っています。シンプルですね。なお、米や具は入っていないタイプなので自分で用意する必要があります。

中に入っている3つの袋は以下のとおり

  • Sauce for Rice:米に入れるソース
  • Dipping Sauce:つけダレ
  • Soup Mix:スープの素

さぁ実際に作っていきましょう。

準備する材料はコチラ

チキン

カオマンガイなので鶏肉は必須です。

胸肉・もも肉どちらでもいいですが、私はやっぱりもも肉のほうがジューシーで好きです。ダイエット中なら胸肉ですかね。

普通の日本の米でももちろんいいですが、どうせならジャスミンライスで作ったほうが本格的でおいしいです。

私はいつもカルディでジャスミンライスを買っています。約3合分なので普段あまりタイ料理を作らない人も使い切りやすくておすすめです。

炊き方は日本の米と同じ、米と同量の水を入れて炊くだけです。

Lobo『Chicken Rice Set』の作り方

作り方

  1. 250~300gの鶏肉(むね肉はもも肉)を準備する
  2. 200gの米と『Sauce for Rice』を炊飯器に入れる。適量の水を入れてよく混ぜてチキンを上にのせてスイッチオン。
  3. 完成!

チョー簡単です。米を研いでソースを入れてチキンを入れて炊くだけです。一瞬で調理終了、あとは炊き上がるのを待つだけです。

チキンを用意して、

研いだ米の上にソースを入れてスイッチを入れると、

もう完成です。チキンにもしっかり火が通っていますね。

ディップ用のソース(袋を空けるだけ)を、

スープも準備して、

盛り付けたら完成です。キュウリも添えてみました。ゼブラ社のステンレススプーンで見た目も現地っぽくしています 笑

完成したカオマンガイを食べてみた感想

では実際に作ったカオマンガイを食べてみます。

米は結構シンプル系です。もう少しパンチがある味が炊く時に青ネギをショウガを加えてもいいかもしれません。

米の味が結構シンプルなのに対してディップソースは結構パンチが効いています。たくさんつけて混ぜて食べるとアロイです。

まとめ

お土産でタイ料理の素をいつもたくさん買って帰るのですが、いざ帰ってくると熱が冷めて作るのを忘れてしまうことが多いです。

今回は忘れないうちにカオマンガイを作ってみました。カオマンガイ自体は素を使わなくても結構簡単なのでよく作るのですが、すべてがセットになっていると調理が本当に楽ですね。

ベースの味がシンプルでクセがないので万人受けすると思いますし、もっと自分好みに楽しみたい方はいろいろアレンジも出来そうです。

是非試してみてください。

こちらの記事もおすすめ!
お土産情報

タイ王室公認の『チューブはちみつ』はワンランク上のタイ土産におすすめ!

2018年11月25日
0マイル(ゼロマイル)から世界旅行
タイのバラマキ土産として個人的に超おススメなのが、タイ王室公認の『ロイヤルプロジェクト』のはちみつです。 タイのお土産として定番のプリ …
お土産情報

タイ土産の定番!バナナチップスはロイヤルプロジェクトのものがおススメ!

2018年11月29日
0マイル(ゼロマイル)から世界旅行
タイで現地っぽいお菓子を買おうとすると、必ず候補にあがるのがドライフルーツやバナナチップスではないでしょうか。 普段はあまり食べなくて …
お土産情報

ゼブラ社のステンレス製レンゲはタイ料理好きならお土産に絶対買うべき!

2018年11月25日
0マイル(ゼロマイル)から世界旅行
今まであまり気にしていなかったのですが、あるときから急に気になりだしたのがタイ料理屋にいくとほとんどのお店で使われているステンレス製のレンゲ …