新千歳空港限定!美瑛選果の「まめぱん」「コーンぱん」は行列・売り切れ必至の幻のパン!

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 

新千歳空港といえば海産物や乳製品のイメージが強いですが、実は毎日行列ができ、売り切れ必至の人気パンがあります。

焼きあがると同時に売り切れてしまうことも多いため、購入できるかどうかはタイミング次第ですが、見つけたら是非試してみてほしい逸品です。

実際に新千歳空港で「コーンぱん」を買ってきたので購入方法や味の感想などをレビューしていきたいと思います。

美瑛選果の「コーンぱん」と「まめぱん」

[jin-img-waku]

[/jin-img-waku]

その人気のぱんとは「コーンぱん」「まめぱん」です。新千歳空港の国内線ターミナルビル2Fにある美瑛選果にて購入できます。

コーンぱん・まめぱんともに1箱5個入りで1,080円となっています。

美瑛選果の「コーンぱん」「まめぱん」とは?

渋谷の有名ブーランジェリー「VIRON(ヴィロン)」とのコラボ商品であり、北海道・美瑛産の小麦や乳製品・とうもろこし・5種類の豆を使用した特別なパンです。

全国で新千歳空港のみで購入可能なこともあり、焼きあがる前から行列になることも多い超人気商品となっています。

「コーンぱん」「まめぱん」の焼き上がり時間は?

「コーンぱん」「まめぱん」はともに焼き上がりと同時に完売してしまうこともある人気商品なので、売り切れてしまうと次の焼き上がりまで待たないといけません。

コーンぱんの焼き上がり時間

コーンぱんは1日平均5~8回程度の焼き上げとのことです。

1回目は開店の8時頃、その後はだいたい約1~2時間に1回の間隔で焼きあがるようですが、生地の温度や発酵の関係で毎日決まった時間というわけにはいかないようです。

なお、最終は15~16時台になることが多いとのことなので帰りの便が夕方になる方は到着時の購入を検討する必要がありそうですね。

まめぱんの焼き上がり時間

まめぱんはなんと開店時の1回のみの焼き上げです。まさに幻のぱんですね。

実際、先日新千歳空港に行ったときに到着後直行しましたが、8:45時点で既に売り切れていたので購入するには開店前から並ぶ必要がありそうです。

「コーンぱん」「まめぱん」の個数制限について

「コーンぱん」「まめぱん」には個数制限があります。

「コーンぱん」「まめぱん」合わせて1日限定2箱までとなります。「コーンぱん」「まめぱん」それぞれ2箱ではないので注意してください。

行列必至の人気商品なので、多くの人が購入できるようにするためにも何度も並んで個数制限を超えて購入するなどのマナー違反はやめましょう。

「コーンぱん」「まめぱん」の購入場所

[jin-img-waku]

[/jin-img-waku]

「コーンぱん」「まめぱん」は新千歳空港の国内線ターミナルビル2Fで購入可能です。

新千歳空港は国内線の場合到着ロビーは1F・出発ロビーは2F、国際線の場合到着ロビーは2F・出発ロビーは3Fになります。そのため国内線で到着後すぐに向かう場合はひとつ上の階に向かってください。

お土産物屋が密集しているエリアにあるので初めてだと少しわかりにくいですが地図を頼りに探してください。

「コーンぱん」「まめぱん」の消費期限について

保存料などを一切使用していないため、消費期限は製造日の翌日いっぱいまでとなっています。

また乾燥を防ぐため、当日中に食べきれないときは付属の保存袋での保管しましょう。

予約や取り置き、通販などで購入できる?

現状予約や取り置き、通販での購入はできません。店頭販売・持ち帰りのみとなるため、新千歳空港で並ぶ以外に現段階で購入する方法はありません。

タイミングがよければ並ばずに買えることもあるようです。特に平日が狙い目でしょうか。ちなみに私が行ったときは平日の朝8:45ぐらいでしたが、ちょうど焼き上がりのタイミングでほぼ並ばずに購入することが出来ました。

実際にコーンぱんを購入しました!

先日新千歳空港に行ったときに実際にコーンぱんを購入してきました。とても人気のぱんなので実際に購入できるかはタイミング次第ですが、チャレンジしてみる価値はあると思います。

新千歳空港到着後すぐに美瑛選果に直行

平日の早朝、羽田空港から新千歳空港に到着後すぐに美瑛選果に直行しました。

時間は8:45。なんとかまめぱんも残っているかも、なんて淡い期待を抱いていましたが既にまめぱんは売り切れていました。

[jin-img-waku]

びえいのまめぱんは本日分完売

[/jin-img-waku]

でもコーンぱんはちょうど焼き上がりのタイミングだったらしくお店の人がまさに箱に詰めているところでした。

[jin-img-waku]

[/jin-img-waku]

たくさんのコーンぱんが並んでいます。本当に焼き立てホヤホヤなので蓋をあえてしめていないとのこと、ちょっと経ってから閉めてくださいと言われます。これだけ並んでいるといつでも買えそうな気もしますが、実際どんどん売れてあっという間になくなってしまいました。

食べてみた感想

[jin-img-waku]

[/jin-img-waku]

箱から既にコーン感がすごいです。まさにコーンぱん。期待が高まります。

[jin-img-waku]

[/jin-img-waku]

箱を開けるとコーンぱんが隙間なく5つ整列しています。コーンのほんのり甘い香りが漂ってきます。

[jin-img-waku]

[/jin-img-waku]

思ったより小さめですがかなりずっしりきます。持っただけで中身がぎっしり詰まっている感じがわかります。

[jin-img-waku]

[/jin-img-waku]

割ってみるとコーンが驚くほどびっしりと詰まっています。水と砂糖は一切使用していないので、変な甘さではなくスイートコーンの自然な甘さが広がります。

私は普段あまり甘いパンは食べないのですが、これはおいしくてペロッと食べてしまいました。妻もかなり気に入った様子。いつかまめぱんも食べてみたい。

パンの取り扱いについて

[jin-img-waku]

[/jin-img-waku]

パンの取り扱いについて書かれた紙が入っていました。当然焼き立てを食べるのが一番おいしいですが、家に持って帰ってから食べる場合には温め直してから食べるとよりおいしく食べられます。

マヨネーズをかけるアレンジもやってみたかったですが、我が家ではアレンジする間もなく完食してしまったので、次に手に入れたときには是非やってみたいと思います。

美瑛選果とは

[jin-img-waku]

[/jin-img-waku]

美瑛とは北海道のほぼ中央、旭川市と富良野市のほぼ中間に位置する街。そして美瑛選果はJAびえいが運営するショールームです。2007年5月美瑛町に本店がオープン、新千歳空港店は2011年7月から営業しています。

2015年4月には東京。有楽町店もオープンしました。

[jin-img-waku]

[/jin-img-waku]

ぱんが有名ですが、それ以外にもさまざまな商品が並びます。ラスクやハスカップジャムなども人気の商品とのこと。パッケージもおしゃれなのでお土産にピッタリですね。

[jin-img-waku]

[/jin-img-waku]

美瑛産のゆり根も売っていました。美瑛産のゆり根は北海道洞爺湖サミットにも提供されたとのこと。

あまり大きな店舗ではないですが、ふと手にとってみたくなるような魅力的な商品が並びます。新千歳空港にいったときには是非また寄りたいお店です。

まとめ

美瑛選果の「コーンぱん」・「まめぱん」を紹介しました。

焼き上がり時間が不確定なうえに行列必至なので、時間に余裕がないと購入するのは難しいかもしれませんが、タイミングが合えば新千歳空港名物のおいしいパンをぜひ試してみてください。

私もまめぱんはまだ食べたことがないので、次に新千歳空港に行くときには再度トライしてみたいです。かなりハードルが高そうですが。

新千歳空港に行く予定がある方はぜひ買ってみてください。まめぱんが買えた方がいれば感想も聞かせてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です