やんやんマイル・ドットコム

元バックパッカーのやんやんがマイルや旅に関することを中心に書いていくブログです。

ソンブーン本店[Somboon Seafood]@バンタットン~小泉元首相も訪れたプーパッポンカリー発祥の店

f:id:yanyan030728:20171125130730j:plain

タイでシーフードレストランと言えば必ず名前があがる有名店、ソンブーンシーフード。小泉元首相が訪れたことでも話題になりました。

ソンブーンは2017年7月現在バンコクに7店舗あります。BTSサイアム駅目の前のサイアムスクエアワンの中にも支店があり、そちらのほうがアクセスは断トツでいいのですが、やはり本店がいいということでBTSナショナルスタジアム駅から歩いてバンタットン本店へ行ってきました。

ソンブーン本店[Somboon Seafood]の基本情報と行き方

※情報は2017年7月時点のものです。

  • 店名:ソンブーン[Somboon Seafood]
  • 住所:895/6-12 Chula Soi8, Bangthadthong Road, Pathumwan, Bangkok 10330
  • 電話:02-216-4203-5
  • 営業時間:16:00-23:00 年中無休

ソンブーン本店の最寄り駅はBTSナショナルスタジアム駅です。ぎりぎり徒歩圏内といえば徒歩圏内ですが、実際歩くとまぁまぁ遠いです。googleマップでは10分ぐらいと出ますが、実際15分から20分ぐらいかかります。またサイアム周辺と違ってナショナルスタジアム周辺はあまりショッピングセンターなどもないので閑散としています。

タクシーで行くときは騙されないように注意しよう

タクシーでソンブーンに行くときは注意が必要です。ソンブーンに行きたいと告げるとソンブーンに似た全く別の店に連れていかれ、多額の食事代を要求されることがあるようです(今もあるかわかりませんが)。

ちなみにソンブーン本店の外観はこんな感じ↓

f:id:yanyan030728:20171125130808j:plain

そもそもプーパッポンカリーって何?

簡単にいうと、カニと卵のカレー炒めです。プー(蟹)・パット(炒める)・ポン(粉)・カリー(カレー)。ぶつ切りにした渡り蟹を炒めて最後に卵とじにしたものです。

今では結構有名なプーパッポンカリーですが、ソンブーンレストランはその元祖として有名です。店の前には大量の渡り蟹が、、、

f:id:yanyan030728:20171125130856j:plain

ソンブーン本店でプーパッポンカリーを食べる

f:id:yanyan030728:20171125130812j:plain

f:id:yanyan030728:20171125130818j:plain

夕方、少し早い時間に行きましたが広い店内はほぼ満席でした。団体も多く、宴会をしているグループもたくさんいました。日本人も多かったですが、韓国人・中国人にも人気のようです。かなり盛り上がっているグループもいましたが、二階の角の少し静かな席に通してもらったのでゆっくり食事することが出来ました。

プーパッポンカリー(M):550バーツ

f:id:yanyan030728:20171125130826j:plain

S:380バーツ、M:550バーツ、L:1000~1200バーツ

渡り蟹が殻ごと豪快に炒められて出てきます。た、食べにくい、、、てゆうか殻がめちゃくちゃ固いです。店員さんに殻を割る道具を借りて、バキバキ割りながら身を食べます。タイカレーといえば結構辛いものが多いですが、これは全く辛くない。むしろ甘い。マイルドです。刺激が強いものを想像しているとギャップが大きいかもしれません。なので初めて食べる方のためにもう一度言っておきます、カレーのくせに甘い、でもおいしい!

ちなみに先に殻をとってくれているメニューもあります。見栄えは殻ごとのほうが断トツでいいですが、食べやすさなら絶対殻無しですね。次からは殻無しにします。

はたとガパオ揚げ:380バーツ

f:id:yanyan030728:20171125130832j:plain

揚げた魚の上にガパオがかかっているもの。魚は白身、見た目は激しいですが、これまた結構やさしめな味です。とにかく魚がでかい。これだけでおなか一杯になりそう。

エビのナンプラー漬け(S):200バーツ

f:id:yanyan030728:20171125130839j:plain

生のエビは危ない。けど食べたい。ソンブーンなら絶対大丈夫ということはないと思うので自己責任で。旅の序盤だったのでおなかが痛くなったら終わりだなと覚悟を決めて食べました。身は肉厚で味もしっかりしていてとてもおいしい。ただ相方はひとつも食べなかったので一人で7尾全部食べました、1尾1尾覚悟を決めて。結局おなかは痛くならなかった!よかった!

ソンブーンに行くときは大人数でいくのがおすすめ

今回は妻と二人で行きましたが、3品でかなりおなか一杯になりました。周りの人が食べているものも見ましたがどれも大皿で量が多い。大人数で行ってシェアするのがおすすめです。

まとめ:プーパッポンカリーは発祥の店の本店で!

f:id:yanyan030728:20171125130850j:plain

正直プーパッポンカリーておいしいの?って聞かれれば「まぁ、おいしいよ」って感じですが、それでも元祖の店の本店で食べる価値は十分あると思います。

本店は中心部から少し離れているのでちょっと、という方はバンコク中心部にも支店があるので一度足を運んでみてはいかがでしょうか。蟹が丸ごと炒められたプーパッポンカリーはビジュアルも圧巻です(もちろん味もおいしい)。

ぜひ一度足を運んでみてください。